セラピーを受けるに当たっての「好転反応」の解釈について。

メンタルブロック解除では
「好転反応」ってのを感じる人がいますよ
と、アナウンスする事があります。
(カードコーチングは無い)



セラピストさんによって、
好転反応についての意味合いとか説明が微妙に違うなと感じます。


ある人は

「セッション後、眠気やだるさがあるから車の運転とかなるべく控えてね」とか



またある人は


「セッションをうけた後日に嫌な出来事があるけど、悪いエネルギーが出てくみたいな膿み出しみたいな事がある」

というニュアンスの方もいる。

マッサージなどを受けた後に好転反応が出るのは、老廃物が外に出てるんだなーって理解しやすいけど、
メンタル系のセッションの好転反応ってやや不明瞭だなと思いまして、なんかモヤモヤしてたんですよね。



心理カウンセラーの大島信頼さんの本の中に



躁の状態になったらホメオスタシス(恒常性)が働いて元の状態に戻す、もしくはバランスを取ろうとして鬱の状態になるようにする



というような事が書いてて



あれ、もしかして毒出しじゃないんじゃねーの?(笑)



っていう説。(メンタルにおいて、ですが)

セラピーやコーチングのセッションを受けたすぐ直後、特に心のセラピーなんかは


「なんか躁状態!!なんでも出来るぜー!ヒャッハー!」



って状態になりやすい。
経験上ね!


で、躁状態になったそのあと
どーん!と鬱状態になります。


ここで適切な判断ができず、
変なアクション起こすとトラブルを招いちゃう事もあるのかなって。


さっきも書いたように
セラピストさんによって好転反応の説明は

「毒出しみたいなもんで良くないことが起きるかもだけど、ただの好転反応だから気にしないでね!」


ってニュアンスで伝える人、
少なくないと思うんですよね。


間違ってなくはないけど誤解が生じそう。


言い方を変えるとしたら

「セラピーを受けたあとは、スッキリするけど恒常性のせいで無意識に元に戻そうとするから、反動で気持ちが沈む事があるかもしれないません。」
「その時に何か判断や決断をする時は、落ち着いてからした方が良いと思います。」


が、親切かな。



カウンセリング、心のセラピー、コーチング
そのほか色んなサービスもそうですが

100%満足できるって保証がありません。

そもそも人生山あり谷ありですし

見えない部分を取り扱ってこそ感じる 

”嫌な出来事があるからこそ見えてくるもの”もあるんですよね。


私過去にセラピーを受けた時に
好転反応が出て、嫌な気持ちになったり悲しい事もあって


なんだよ!!セラピーなんて受けてもすぐ良くなんないじゃん!むしろオメーのせいで悪い事起きたんじゃね?!ぷんすこ!



ってなった事が一回あるんですよね。
その時に
なぁんだただのホメオスタシスかー。って知ってたら、あの時正しい判断が出来たのかもなーと思う反面


まあでもあれがなかったら、 


今の私はなかったなーって思うので
最終的には御の字になっております。


〜まとめ〜
■ 躁の状態になったら、バランスを取るため気持ちが沈む。
■ 適切な判断が出来ないかもしれないので、一旦落ち着いてみてね

東京都 カードコーチング 西川恵美

東京都でライフペイジズのカードコーチング とメンタルブロック解除のセッションをしています🌻

0コメント

  • 1000 / 1000