不安がつぎつぎと湧き出てくる仕組み 〜メンヘラにオススメの記事〜



心理カウンセラー大嶋信頼さんの著書

『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法。』



という本を読み進めてると



次々に湧いてくるマイナス感情を断ち切る方法



という章に興味深い事が書かれていました。



「言語性知能」と「動作性知能」のバランスが損なわれていると、不安が次々と湧いてくるのでは?


と書かれています。


ほうほう、言語性知能と動作性知能ってーのがあるんかいな。



言語性知能 → 言葉を覚えたり、計算したりする



 動作性知能 → パズルを完成させたり、積み木を組み立てたり、バラバラの漫画をストーリーに組み立てられる



という能力のことだそうです。


言語性知能が高い場合

・過去の体験や色々な人の気持ちを想像し、相手とやりとりする前に結果をシュミレーションする


動作性知能が高い場合

・時間軸による記憶にちゃんと情報が整理されるため、「過去の体験は過去に起きたこと」「将来起きる不安は今は必要ではない」

と、過去、現在、未来を区別する


ということができます。


大嶋さんの見解では


「過去のいやな出来事が急に思い出されて、

まるでさっきあったことのように不快になったり、

将来の事を考えて次の瞬間に起きることのないように不安になってしまったり、

全然関係ない他人の気持ちまで考えて落ち込むのは言語性知能と動作性知能のバランスが取れてないからかも知れない」

という見方をしています。


あるよね!

こじれてる人は特によめい!!


大嶋さんのこの本では一貫して、
自己暗示をオススメされています。

自己暗示の文言なども指定があるのですが


それは本を買って読んでほしいところでして、、笑
なんか全部書いちゃうと著者に申し訳ないやん!!


まぁ、
”自己暗示”なので大体分かるかは分かると思いますが


バランスが取れてる、とか、整っている

など唱えればオーケーかなとは思います。

でも、ぜひ読んでくださいませ!

東京都 カードコーチング 西川恵美

東京都でライフペイジズのカードコーチング とメンタルブロック解除のセッションをしています🌻

0コメント

  • 1000 / 1000