好きとか憧れについて

議題
「ちょー好きな人がいて、でも別に付き合いたいとかそういう感じでもないけど、すげー好き」

久々に友達と2時間くらい電話をして、興味のある話がてんこもりだったので書きます。


ざっくり言うと冒頭に書いたような話でした。


好きな人を手に入れる、手に入れないは別として、


「この気持ちってなんぞ??どうすれば昇華するゾ??」


という雰囲気だったので、


西川的に思うのは


・「好きだ!」って相手に言っちゃうとスッキリ良い気分


・「好きだ」って認めちゃうのもスッキリ良い気分(好きになっちゃダメ…!ってブレーキをかけてる人はね)




あともう1個思うのが、


「好きな人」って、

自分自身の好きな部分が現れてる時や


実は自分自身がこんな風になりたいという願望でもあるんじゃないかなと、思っています。




「どーせ私なんてなぁ…。あぁ…あの人素敵だな、あんな風になりたいな」という所から 憧れ→好きかも  に発展する場合もあるかな。


「忘れられない人」を長い事引きずる現象ってのなんかは、自己卑下要素が強いからくるってのもあるんじゃ?と感じます。

あと単純に、今を楽しめてないから過去の楽しかった時期に思いふけっちゃうとか、色々要因はあると思いますが。


結局、憧れ的な視点でい続けると、恋人になりたいなぁって願いも自分で勝手にハードルを上げちゃうことになります。


近づくには、せめて相手と同じ視点を感じてみる事が大事なのかなーなんて思ったり。(相手の社交的な所が好きー♡とかなら、どうやって接してるのかなーとかぼんやり観察してみたり)




あと、色んな本を読んでいて「この考え方、良いな」と思ったのは


あの人素敵、

あの人羨ましい、

羨ましくて悔しい、

リア充爆発しろ、

幸せそうにしてムカつく

と思う時。
単純に自分も同じ事をしたいんだと思います。


で、「あー、周りが幸せそうでムカつく」

って思ってると、


いざ自分が幸せになると、ブレーキをかけてしまいます。無意識に。


誰かにムカつかれるかもしれないと勘違いしちゃう。

自分がした事がブーメランのように返ってくる一例ですね。


だから周りの幸せは「羨ましい。悔しい。」と思うのでなく


「私の幸せ商品カタログ」だと思えばいい。


商品カタログに感情のせすぎたらタダのギャグです。(楽しい感情だったらいいけどね(^^))


周りの色んな出来事があってこそ、何が嫌か、何が好きかが分かるので


「羨ましい。」はある意味自分の事を知れるチャンスでもあるわけです。




まぁ、答えの出ない話を「好きって、こういう事なんじゃね?」ってあーだこーだ、話てました(^^)


なにか腑におちるところもあったみたいで、スッキリしてよかった(^^)


今日は「好きとはなんぞや?」というテーマでした。哲学( ̄▽ ̄)笑


おわり。ぷりーん。

東京都 カードコーチング 西川恵美

東京都でライフペイジズのカードコーチング とメンタルブロック解除のセッションをしています🌻

0コメント

  • 1000 / 1000